3泊5日シンガポール旅行の持ち物リスト

旅行の準備をしていると、あれもこれも必要かなと、どんどん荷物が増えてしまいませんか。

今回は、私が実際に3泊5日でシンガポールを旅行した時の経験を元に、必要度付き持ち物リストを作ってみました。

カバンの大きさや体力と相談しながら、荷造りの参考にしてみてください。

3泊5日の旅程

3泊5日でシンガポール旅行をしたと言いましたが、正確に言うと1泊目はマレーシアでした。

だいたいの旅程はこんな感じです。

1日目 日本→クアラルンプール
2日目 クアラルンプール→シンガポール観光
3日目 シンガポール観光
4日目 シンガポール観光→クアラルンプール→日本
5日目 日本へ帰国
シンガポールを観光したのは2・3・4日目の3日間です。
 
3日あればシンガポールは結構見て回れましたよ。

シンガポール旅行 持ち物リスト

シンガポール旅行の持ち物を必要度別に紹介します。

必要度は

 ☆:必需品
 〇:持って行った方がいいもの
 △:あると便利

の3段階で分けています。

持ち物 必要度 コメント
  パスポート  
  航空券  
  日本円 現地で換金できる
  クレジットカード VISAかマスターカードが便利
  海外旅行保険の書類など  
  変圧器・変換プラグ(BF)

電圧は230V

プラグはBFタイプが主流

  スマホ  
  スマホの充電器  
  モバイルバッテリー スマホで写真を撮っていると、充電が減りやすいので、持っていると便利
  ポケットwi-fi 空港やホテル、ショッピングセンターなどではfree-wifiが使える
  着替え  
  上着

室内はクーラーが効いていて寒い

飛行機内でもあると便利

  パジャマ  
  歩きやすいサンダル 暑いのでサンダルがあると便利
  洗顔用品  
  シャンプー・リンス  
  日焼け止め  
  ハンカチ・ティッシュ  
  虫よけ 蚊に刺されることがあります
  ウェットティッシュ レストランなどで机が汚いときなどに便利
  汗拭きシート 屋外にいるとすぐに汗をかく
  バンドエイド 靴擦れをしたときのため
  ゴミ袋 1つあるとゴミを入れたり買った飲み物を入れたりできて便利
  生理用品  
  スキンケア用品  
  ガイドブック 地図付きで、持ち運べるサイズのものがおすすめ
  常備薬  
  折り畳み傘  突然雨が降ることがある
  メガネ・コンタクトレンズ  
  ボトル  給水スポットがあるのでマイボトルがあると節約になる
 

機内での暇つぶし

フライトが長いのであると便利 

観光中に持ち歩いていたもの

私は旅行に行くとき、荷物をボストンバッグとショルダーバッグの2つに分けて持っていきました。

ボストンバッグの方は観光中ホテルに置き、小さなショルダーバッグだけ持ち歩いていました。

ショルダーバッグは両手を空けることができるので、写真も撮りやすく、とても便利でしたよ。

 

ショルダーバッグに入れて持ち歩いていたものは

パスポート
財布(クレジットカードと現金)
スマホ
モバイルバッテリー
日焼け止め
ハンカチ・ティッシュ
ウェットティッシュ
汗拭きシート
ゴミ袋
ガイドブック
折り畳み傘

です。

私は持っていなかったのですが、このほか

ポケットwi-fi
虫よけ
ボトル
を持ち歩くと便利だと思います。

パスポート

パスポートはセキュリティポーチなどに入れて持ち歩くのがおすすめです。

また、ホテルにセキュリティボックスがある場合は、コピーだけを持ち歩いて、パスポートは置いていくと安心です。

財布(クレジットカードと現金)

クレジットカードは

  • VISA
  • セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスカード

の2枚を持っていきました。

クレジットカードが使えるお店であれば、VISAはどこでも使えるけど、アメックスは場所によるという感じでした。

 

アメックスは使えるお店は少ないものの、学生であれば年会費無料で発行でき、海外旅行保険も付帯します。

保険内容は、カード付帯にしては充実しているので、学生であればおすすめのカードです。

 

ちなみに、今回の旅行での利用額は

現金:15000円
クレジットカード:10000円
ほどでした。
 
現金は2万円持って行ったのですが、換金したのは15000円でした。
 
クレジットカードの利用を増やせば、10000円でもよかったかなという印象です。

スマホ

交通機関を調べるときに使いました。

私はwi-fiをレンタルせずに行ったので、wi-fiの使えるホテルであらかじめルートを調べてから出かけていました。

 

また、スマホはカメラ代わりにもなるのでたくさん写真を撮りました。

シンガポールは本当に綺麗な場所がたくさんあり、写真の撮りがいがあります。

モバイルバッテリー

スマホをカメラ代わりにしていると、とにかく充電がなくなるので、モバイルバッテリーはあると便利です。

日焼け止め

日差しが強いので、気になる人は持ち歩いてこまめに塗りなおした方がいいと思います。

私はすっかり忘れて観光に夢中になってしまいました。

ハンカチ・ティッシュ

あると何かと便利です。

1度トイレにトイレットペーパーがないことがあったので、ティッシュは水に流せるタイプだとさらに安心です。

ウェットティッシュ

フードコートなどは席が汚れていることがあるので、あると便利です。

汗拭きシート

シンガポールは室内は涼しいですが、屋外を歩くときは暑いので、汗拭きシートがあるとスッキリします。

ゴミ袋

1つ持ち歩いていると時々役に立ちます。

バスの中などは飲食禁止なので、買った飲み物を持ち込むときに袋に入れるなどしていました。

ガイドブック

wi-fiをもっていかない場合は必需品だと思います。

カバンに入れて持ち歩けるサイズのものがおすすめです。

地図が載っているので観光時にとても役立ちました。

 

また、写真が多いと英語が伝わらなくても見せるだけで現地の人に伝えることができて便利です。


るるぶシンガポール’20 ちいサイズ (るるぶ情報版海外小型)

折り畳み傘

晴れていたと思っても突然雨が降り出すことがあります。

一応持ち歩いていると安心です。

ポケットwi-fi

土地勘がない場所を歩くので、wi-fiがあると本当に便利だと思います。

 

wi-fiは空港やホテル、ショッピングセンターなどでは利用できました。

MRTの駅にもfree wi-fiがあるのですが、登録にSMSで送られてくるPINコードが必要で、私はSMSが受け取れなかったので利用することができませんでした。

虫よけ

街中ではあまり蚊に刺されることはありませんでしたが、動物園に行ったときは刺されてかゆかったです。

蚊に刺されるとは思っていなかったので、虫よけやかゆみ止めを持っていなかったのですが、持っていけばよかったと後悔しました。

ボトル

シンガポールは暑いので、とにかく水分補給が大切です。

お店に入れば、おいしい飲み物も飲めるのですが、給水スポットも結構あるので、マイボトルを持ち歩けば節約できたなと思います。

 

また、海外では使い捨てのストローを廃止しようという動きがあるようで、お店によってはストローを置いていないところがありました。

マイストローもあると便利かもしれません。

最後に

今回は、私のシンガポール旅行の体験をから、持ち物リストを作ってみました。

自分の反省点も考えて作ったので、これからシンガポール旅行に行く人は参考にしてみてください。

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください