絵画訳が楽しめる詩集『アイスクリームの皇帝』

詩集って本の中でもあまり馴染みのない分野の本だと思います。

私もこれまで読んだことがある詩といったら、教科書に載っているものくらいでした。

金子みすゞさんの「私と小鳥と鈴と」とか。

そんな私が思わず買ってしまった詩集が『アイスクリームの皇帝』です。

この詩集には25この詩がおさめられており、それぞれの原文、日本語訳、絵画訳が見開き1ページを使って載せられています。

この本ではひとつひとつの詩に対して、きたむらさとしさんの絵が添えられています。

それが詩の絵画訳です。

その絵が本当に素敵で、毎日1ページずつ開いて飾っておきたいくらいです。

詩の絵本

帯によると、この本は

見開きごとに詩の景色が広がる

詩の絵本の決定版!

です。

”詩の絵本”という言葉には確かにそうだなと思いました。

絵本というのは、ページごとに絵と文が載っていて、それぞれが対応しています。

「今日はスミちゃんがパンケーキを作っています」

という文があったら、”スミちゃんがパンケーキを作っている” 絵が同じページにあるのでしょう。

この詩集でも同じで、絵は詩の世界観を表しています。

詩集の訳者である柴田元幸さんによれば、詩の絵画訳です。

絵本は字の読めない子どもでも、絵をたどることで楽しむことができるようになっています。

私は詩の世界では子どものようなものなので、この絵を感覚的にとらえることで詩の雰囲気をつかめるのが、とても楽しかったです。

「柴田元幸さん」について

柴田さんは『アイスクリームの皇帝』の収録作品の選者であり、日本語訳をされている方です。

柴田さんのプロフィールはこんな感じです。

  • 1954年生まれ
  • アメリカ文学研究者、翻訳者
  • 文芸誌「MONKEY」の編集長

私は詩についての知識が全くないのですが、『アイスクリームの皇帝』の最後に掲載されている、

「収録作家・作品解説」

は簡潔でとても分かりやすかったです。

「きたむらさとしさん」について

きたむらさとしさんは、『アイスクリームの皇帝』で挿絵を描かれている方です。

プロフィールはこんな感じです。

  • 1956年生まれ
  • 絵本作家、イラストレーターとして
  • イギリスと日本で活躍

ハーウィン・オラムとの共作『Angry Arthur』(『ぼくはおこった』)ではイギリスのマザーグース賞を受賞しています。

また、「ぞうのエルマーシリーズ」の翻訳者としても有名です。


ぞうのエルマー〈1〉ぞうのエルマー (ぞうのエルマー (1))

『アイスクリームの皇帝』では、詩の絵画訳を担当されています。

選者・日本語訳をしている柴田さんのあとがきでは、きたむらさんは英語も堪能なので、柴田さんの日本語訳をみずに絵を描く場合もあったそうです。

まとめ

今回は、私の大好きな詩集『アイスクリームの皇帝』を紹介しました。

普段、詩にあまり興味がない人でも、スラスラ、パラパラ読めてしまうと思います。

 

ぜひ本屋さんでこの本を見つけたら、パッとどこか好きなページを開いてみてください。

そして、きたむらさんの絵に惹かれ、思わず買ってしまってください。

 


アイスクリームの皇帝 (Poetry in Pictures)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください